セダン愛を語るブログ。

セダンこそ至上。

Vol.26 日産 フーガ

2.5リッターNAのセダン。明らかに旧世代のクルマです。

押し出しと割り切りでクラウンにはない魅力があります。

判官びいきの方にはうってつけのセダンだと思います。

 

顔が同じだからスカイラインと区別がつかないとか。

なおかつ顔がデカくて尻すぼみなスタイルが気に入れば。

ハイブリッドの排気量が大きいのも今やネックですかね。

 

それこそシリーズハイブリッド化すればいいような。

わざわざ高い装置を使う必要はないんですよね。

2.5リッターの発電機を積んだ電気自動車でいいです。

 

もっと言えば、どこの仕向け地の車なのかをはっきりさせる。

正直、国内向けというには方向性が苦しいんですよね。

どうやったってクラウンには勝てないんですから。

 

だったらもっとアメリカ向けでもいいと思うんです。

V8を積む全体のマッスルカー路線の方が分かりやすい。

だからもっとデカくてもいい。もっとゴツゴツしててもいい。

 

そこにエコなシリーズハイブリッドを積む意外性ですよ。

右ハンドルの5m×2mオーバーのセダンなんて萌えます。

どうせ日産ですから、日本人ぽくなくていいんです。

 

Z33とか初代ムラーノとかはそんな魅力がありました。

質感とかおもてなしとかじゃなく、外国ぽさが出せれば。

今でもあえてフーガを選ぶ層は貴重だと思うんです。

 

 

メルセデスのバッジを付け替えてもいいですよね。

Vol.25 アルファロメオ ジュリア

報道発表があった後、ディーラーに寄ってみたんです。

え?なんですかそれ。みたいな反応。こっちもポカンと。

本国デビューの報道だったんですね。国内は未だ。

 

ていうか、そんなに大々的に発表しなくてもいいじゃんと。

導入されるグレードも未だ決まってないような段階で。

それだけ待ち望む潜在ユーザーがいるってことか。

 

確かに先代の159がデビューして長い月日が経っています。

壊れやすいイタ車のこと。次が出ないと買い換えロスに。

現行型はCセグのジュリエッタしか用意がありません。

 

MiToにしてもジュリエッタにしても、基本は古臭い。

古典的なスポーツハッチが今でも買えると思うべきです。

洗練されていない良さを味わうのがアルファロメオかと。

 

となると、ジュリアもその辺りの性格なのかなと思ったり。

海外の試乗記を見ても、雑で仕上げが足らないようです。

敢えてアルファを買う、というライフスタイルですね。

 

とかくフェラーリのターボがフィーチャーされがちです。

持論ですがクルマはボトムグレードを見るべきです。

…やっぱり2Lのガソリンターボなんですよね。

 

このクルマの白眉は最廉価イタリア製FRであるということです。

同グループの中身がマツダ車とかじゃない訳ですよ。

それだけで買っても充分な理由です。乗ってみたいし。

 

 

ま、右ハンドルのMT仕様はないんですけどね。

Vol.24 ジャガー XE

Dセグメントジャガーのトラウマから逃れられるのか。

佇まいは小さいXFです。イメージはE90の3シリーズ。

ドアトリムが厚めで囲まれ感のある内装でした。

 

 エンジンは同グループのランドローバーと同じです。

ガソリンとディーゼルの2Lターボと3Lスーチャー。

どうしてもこのクラスはスポーツ性をうたいますよね。

 

でも3Lを皆買うのかなぁ。むしろディーゼルだと思います。

基本のガソリンターボも良いですが、パンチが足りません。

他社もそうですが、2L級は何故かパワー感に乏しい。

 

同じエンジンのディスカバリースポーツにも試乗しました。

2トンでは240馬力でも足り苦しいところがあります。

それより軽いとはいえ、スポーツ性は薄いのかなと。

 

まぁ、後発のF-PACEが話題をさらって影の薄いXE。

A4同様に寸詰り感があるリヤエンドで損してるXE。

物は悪くないけど「欲しい!」と思わせないのがXE。

 

 

うん、F-PACE買うな。ディーゼル決まりじゃないですか。

Vol.23 キャデラック ATS

彼の地の大統領は言いました。もっとアメ車を売れと。

もっと売れていいと思います。最近のアメ車は特に。

デザインさえ許容できれば、割といい感じです。

 

キャデラックはFF時代から少し他のブランドとは違います。

セビルとかのデザインは特にクリーンで好感が持てました。

現行CTSなんかは売り方次第だよなぁと思うのです。

 

でも今回はATSです。これはグレイスと同じパターン。

サイズ、スペックは申し分ないのに何故か残念なクルマ。

2Lターボで270馬力。FRでコンパクトボディ。うーん。

 

昔ターボのマークⅡとかローレルとかに乗ってた人向け。

あれでMTがあれば完全に用途はそっち向けですよね。

ラグジュアリー路線はCTSに任せればいいんだし。

 

BMWアウディほどの満足感は得られないクルマです。

ダウンサイジングによる先進性もあまり感じられない。

左ハンドルのみ、カーナビはiPhoneという割り切りぶり。

 

なんかこう、もうひとつ決め手が欲しいんですよね。

じゃあATS-Vに乗れっていう話かも知れませんけども。

ドイツ、レクサスではなくキャデラックを選ぶ理由が。

 

 

まー販社の敷居が高いのが多分一番のネックでしょうね。

Vol.22 トヨタ カムリ

今でこそアメリカベストセラーカーの代名詞ですが。

昔は鳴り物入りで販促を掛けていたビスタの兄弟車でした。

販社にこだわりがなければ、カムリを選ぶ理由がない。

 

顔もスタイルも地味。プロポーションは良いと言われていました。

理由は初代セルシオと縦横比が同じだからとのこと。

要は5ナンバー幅で少し短いくらいのもの。だから何と。

 

それから更に地味なモデルチェンジを経た後のこと。

アメリカ版と同じ顔かたちでデビューしました。

5ナンバーの美点はありません。デカくて安っぽいクルマに。

 

まー、これを煤けたまま雑に乗り回すといいのかも。

USDMぽくなる方がカッコいいと思います。アメ車だもん。

安っぽい方がいい。むしろ安い方がいい大型車です。

 

その路線が変わったのが現行型のハイブリッドモデルです。

メッキギラギラでこれはアルファード路線ですよね。

新開発のエンジンは高効率が売りのハイクラス扱いです。

 

ま、直後に同じエンジン積んだクラウンが出て台無し。

燃費もクラウンの方が良いっていう。これじゃいかんよ。

日本ではカムリ売れなくても困らないんでしょうねぇ。

 

FR買わなくてもようやく満足できるトヨタセダンだったのに。

次期型は更にアグレッシブ路線だそうですね。

そんなデカいクルマを速そうに仕立てる必要があるのかな。

 

 

パサートCCばりにスタイリッシュでもいいんですけどね。

Vol.21 ホンダ グレイス

サイズ、価格、燃費、どれを取ってもベストバイなクルマ。

5ナンバー、200万以下、ハイブリッドならリッター30km。

申し分ありません。なのに売れない。選ばない理由がないのに。

 

何故か。日本を相手に商売していないからこうなります。

要はアジア向けのクルマなのです。要所要所でダサい。

おまけに名前がグレイスです。若人は見向きもしません。

 

顔は割とハンサムです。ホンダらしい切れ長の瞳。

中身はフィットですから動力性能も悪くありません。

先代のアリアよりもトランクの違和感は少ないと思いますし。

 

思うに。ハッチバックベースのセダンはバランスが悪い。

ボディの四隅にタイヤがあるパッケージは合わない。

リヤの腰高スカスカ感がダサいのかなぁと思います。

 

最近のホンダ車はリヤガーニッシュが派手すぎます。

オデッセイにしても歌舞伎顔でスタイリッシュではない。

グレイスももっとシンプル路線なら良かったのに。

 

 

まー。フリード買うわな。近い中身なら便利だもん。

Vol.20 番外編 現代クーペの生きる道とは

現行ラインナップの中で、クーペがどれくらいあるか。

この場合のクーペとは2ドアないし3ドアのクルマです。

ノッチバック、ハッチバックは問いません。どうでしょうか。

 

トヨタは86、日産はGTRとZ、ホンダ、マツダ、三菱はなし。

スバルはBRZですが、86と同じ扱いをすると一車種です。

スカイラインが当てはまるかもですが、にしたって少ない。

 

輸入車にはランク問わずそれなりに用意があります。

アメ車、ドイツ車、フランス車、イタリア車と百花繚乱。

一台で全ての用途を賄う日本では少なくても仕方ないです。

 

地を這うスタイルのスーパーカーばかりがクーペにあらず。

ドアは2枚で充分だから流麗なスタイルが欲しいのです。

やはり実用セダン+趣味車の組み合わせが理想ですね。

 

その点でいうと二車を両立しているのがクーペルックセダン。

国産ではまだ少ないですが、メルセデスを初め増えています。

ていうかセダン自体がクーペみたいな形になってますね。

 

次期LSもCピラーを寝かせたスタイルになりますね。

形は好きでも実用性が犠牲になるのが選ばれない原因ですかね。

ドアが4枚あればよい訳ではないと思いますけども。

 

逆にどうしてもクーペでないとダメという理由はあまりありません。

背が低くてドアが大きいことをメリットと感じるかどうか。

下肢障害の方が乗降しやすいと言ってたのを思い出しました。

 

 

でもスーパーカーはクーペの方が迫力ありますよね。