セダン愛を語るブログ。

セダンこそ至上。

Vol.33 BMW 5シリーズ

新型が出ましたが、乗ったのは旧型と旧旧型になります。

Vol.32 ボルボ S90

久々に大柄なボルボの新型セダンが出ました。 Eクラスや5シリーズと競合する車格とサイズ感ですね。 両者と勝負するに当たって注目されたのはFRぽさです。 アウディも同じアプローチでデザインされてますね。 室内効率を無視してもスタイリングを優先してい…

Vol.31 クラウンセダン

この形状のクルマをセダンという典型ですよね。 カクカクスパンとしたスタイリングが清々しい。 5ナンバーボディ(ベース)を最大限に生かした作り。 但し、現行型は燃料がLPG仕様のみだと思います。 そもそも法人需要が多く、一般向けではありません。 タク…

Vol.30 メルセデス Cクラス

今までの記事の中で、メルセデスは初めて取り上げます。 違和感あったと思うんです。何故出してこないのかと。 答えは「メルセデスを扱う店が怖い」からになります。 乗ったことのないクルマは後回しにしてきました。 極力自分のインプレッションに従って書…

Vol.29 ルノー タリスマン

知る人ぞ知るルノーの最上級セダン、タリスマンです。 そりゃそうです。日本国内導入はされていませんから。 左ハンドルのみ。スタイルは抜群に良いんですが。 ルノーらしくワールドワイドに兄弟車があります。 SM7といえば、これも知る人ぞ知るクルマです。…

Vol.28 ホンダ シビック

…もう若い人は知らないんじゃないでしょうか。シビック。 世代によってイメージが異なるクルマなんだと思います。 基本はスポーツハッチ、実用セダン、時にワゴン的な。 とりわけこの20年くらいはタイプRばかりなのかも。 あんなのは例外です。クルマの基本…

Vol.27 トヨタ ベルタ

…どんなクルマだっけ?名前を聞いて思い出す人は偉い。 要はヴィッツベースのマイクロセダンです。 実はこのクラスのセダンって割合好きなんですよ。 古くはターセル、レビュー、シャレードなんかがそうです。 今で言うA〜Bセグメント級の4枚ドアでトランク…

Vol.26 日産 フーガ

2.5リッターNAのセダン。明らかに旧世代のクルマです。 押し出しと割り切りでクラウンにはない魅力があります。 判官びいきの方にはうってつけのセダンだと思います。 顔が同じだからスカイラインと区別がつかないとか。 なおかつ顔がデカくて尻すぼみなスタ…

Vol.25 アルファロメオ ジュリア

報道発表があった後、ディーラーに寄ってみたんです。 え?なんですかそれ。みたいな反応。こっちもポカンと。 本国デビューの報道だったんですね。国内は未だ。 ていうか、そんなに大々的に発表しなくてもいいじゃんと。 導入されるグレードも未だ決まって…

Vol.24 ジャガー XE

Dセグメントジャガーのトラウマから逃れられるのか。 佇まいは小さいXFです。イメージはE90の3シリーズ。 ドアトリムが厚めで囲まれ感のある内装でした。 エンジンは同グループのランドローバーと同じです。 ガソリンとディーゼルの2Lターボと3Lスーチャー。…

Vol.23 キャデラック ATS

彼の地の大統領は言いました。もっとアメ車を売れと。 もっと売れていいと思います。最近のアメ車は特に。 デザインさえ許容できれば、割といい感じです。 キャデラックはFF時代から少し他のブランドとは違います。 セビルとかのデザインは特にクリーンで好…

Vol.22 トヨタ カムリ

今でこそアメリカベストセラーカーの代名詞ですが。 昔は鳴り物入りで販促を掛けていたビスタの兄弟車でした。 販社にこだわりがなければ、カムリを選ぶ理由がない。 顔もスタイルも地味。プロポーションは良いと言われていました。 理由は初代セルシオと縦…

Vol.21 ホンダ グレイス

サイズ、価格、燃費、どれを取ってもベストバイなクルマ。 5ナンバー、200万以下、ハイブリッドならリッター30km。 申し分ありません。なのに売れない。選ばない理由がないのに。 何故か。日本を相手に商売していないからこうなります。 要はアジア向けのク…

Vol.20 番外編 現代クーペの生きる道とは

現行ラインナップの中で、クーペがどれくらいあるか。 この場合のクーペとは2ドアないし3ドアのクルマです。 ノッチバック、ハッチバックは問いません。どうでしょうか。 トヨタは86、日産はGTRとZ、ホンダ、マツダ、三菱はなし。 スバルはBRZですが、86と同…

Vol.19 マツダ アテンザ

昔マツダにセンティアというセダンがありました。 5m近いサイズなのに運転席が最上のセダンでした。 今で言うクーペルックの流麗なスタイルが自慢でした。 現行のアテンザが出た時に、少し似た印象を覚えました。 デザインテイストは全く異なりますが、パー…

Vol.18 スバル WRX

ここで取り上げるのはSTiではありません。S4です。 前者はセダン云々というよりスポーツかーですから。 先代のように、セダンである必要は一切ありません。 S4はいわば「レヴォーグのセダン」です。 インプレッサのセダンとは違うことをアピールしています。…

Vol.17 トヨタ プレミオ

何故か金融機関の方が乗っていることが多い車種です。 カローラではなく、マークXでもない中途半端なクルマ。 実はこのポジションが結構重要だったりするのです。 金貸しは人に恨まれてナンボ。角を立てては仕事にならぬ。 ましてや職員数はそれなりに多く、…

Vol.16 ボルボ S60

初代が出た時の衝撃は大きいものでした。え?ボルボ?と。 四角四面カクカクとは程遠いクーペルックなセダンだし。 それまでのボルボのセダンは酷いもんでした。 今でもボルボイコールワゴンだという人は多いと思います。 実際S60は超ニッチな選択肢だと思い…

Vol.15 アウディ A4

ドイツ人の美的センスは時として暴走しがちです。 それってアリなのか?と思うデザインのクルマもあります。 近年のアウディはそんな感じが再燃してきています。 LEDヘッドランプになってからクルマは無表情になりました。 デザインの自由度は大きくなりまし…

Vol.14 日産 ティーダラティオ

もはや絶版車なんですね。ノートと統合されています。 サニーの系譜として、カローラよりも親近感がありました。 ティアナと同路線でしたが、安い分こちらは好印象です。 室内の木目調パネルも安っぽさ満点ですが、ティーダだし。 リヤエンドのパキパキ感も…

Vol.13 レクサス HS

車名を聞いて姿が想像できる人がどれくらいいるか。 逆に実車を見て車名が浮かぶ人がどれくらいいるか。 存在感がない訳ではないですが、限りなく希薄です。 このクルマの存在意義は外観にあらず。内装なのです。 よってセダンであろうがなかろうが関係ない…

Vol.12 トヨタ マークX

シャシを共用するクラウンやISと比べれば良いクルマです。 コンパクトとは言えませんが、そこそこのサイズ感が嬉しい。 安価であのクオリティのクルマが手に入る魅力が素敵。 ただ内装が残念です。ミニコンポっぽさがあります。 モノは悪くないだけに内装が…

Vol.12 日産 ティアナ

キングオブがっかりカーと個人認定しています。 初代が出た時には期待したんですよ。おぉ新しい感じ。 ローレルとセフィーロの後継車種としてデビュー。 長い車体にクーペルックの後ろ姿。んでV6 2.3リッター。 超ニッチな選択ですが、安価で人気と言うこと…

Vol.11 シトロエン C5

個人的にはすごく好きな一台です。試乗してませんが。 ディーラーにDS5を見に行った時に気になりましたね。 ショールームで乗り込んだだけですが、実物はよいです。 はっきり言って地味です。パサートばりに地味。 でも車体下部に張りがあってボリュームを感…

Vol.10 番外編 SUVってどうなのよ?

たまにはセダンから離れてみることで、逆に見えるものも。 という訳で今回取り上げるのはSUVです。流行ってるし。 何故流行ってるのか、実際どうなのかを考えてみます。 ぶっちゃけちゃうと格好だけのところですよね。 背が高いけどバスっぽくない、スペシャ…

Vol.9 VW パサート

ミドルクラスの車体に1.4リッター。それだけで萌える。 ましてや超地味な存在感。車名の認知度はほぼゼロ。 知る人ぞ知るクルマだからこその魅力はピカイチです。 ただ、乗ってみると色々残念なことがえります。 A4とか3とかCとか買う奴は頭が悪いと思う人が…

Vol.8 BMW 3シリーズ

セダンといえば輸入車となって久しい今日ですよね。 中でも台数が多いのが3シリーズだと思います。 ただ、何を目的にBMWを買うかという問いは難しい。 特別高性能かと言えば、素はそうでもありません。 FRの割にすごい燃費を出して来たなと思いましたけども…

Vol.7 マツダ アクセラ

現行型のスタイルは割とスマートで好きな部類です。 イタ車買わなくてもイタ車っぽい感じのクルマ。 赤い色も手伝って、アルファロメオっぽく見えます。 室内の仕上げも良いです。居住性も申し分ありません。 試乗したのはガソリンの2リッター。うん、普通で…

Vol.6 ホンダ アコード

最初に断っておきますが、現行型は乗ったことありません。 シリーズハイブリッドに近い機関を持つアメ車です。 嫌いじゃないんですけどね。ディーラーに置いてなくて。 私が知ってるのは更に2世代前のCL型になります。 格好は断然次のCU型の方がいいと思いま…

Vol.5 日産 シルフィ

なんでしょう。期待値は高いのに届かない優等生ですよ。 ブルーバードの系譜ですが、迷走の歴史でもあります。 510、910、U12と響くヒットのせいで損をしています。 先代型はマーチのプラットフォームながらよいクルマでした。 乗ってないのであくまで見た目…