セダン愛を語るブログ。

セダンこそ至上。

セダンの魅力とは

2〜30年前まで、クルマといえばセダンが基本でした。

但し、RVからワゴン、ミニバンの潮流には逆らえません。

ダンイノベーションを謳ったマークⅡから早20年です。

 

既に化石のようなイメージで見られる形がセダンです。

でも少し待ってください。本当にセダンは魅力に欠けるのか。

輸入車を筆頭に、未だ憧れのクルマの形はセダンのはずです。

 

人々のクルマに対する位置付けが変化してきています。

クルマは憧れの存在ではなく、単なる耐久消費財であること。

必要にかられて購入する、後ろ向きな消費対象であること。

 

住宅の次に高額な買い物なのに、それで良いのでしょうか?

憧れを手にする衝動や動機は否定されるものではありません。

欲しいものを頑張って購入することは本来賞賛されるべきです。

 

ただ、取引先や上司との関係で好きな車種に乗れないことも。

でも他者とのヒエラルキーに縛られることはないのです。

だってセダンが廃れて20年ですよ。既に世代交代しています。

 

今、セダンを選ぶ理由は単純です。「憧れを手にするため」。

機能性とかリセールとかを気にするのはナンセンスです。

「欲しいクルマ」と「買えるクルマ」がリンクするのがセダンです。

 

所有欲を喚起するクルマは得てして高額で大きいものばかり。

SUVや大きいミニバンでは普段使いに持て余してしまいます。

ダンならDセグメントに抑えればその点は問題ありません。

 

このブログでは、そんなセダンを取り上げて紹介したいと思います。

洋の東西は問いません。但し買えないような高級車は除きます。

皆さんのセダンライフの一助になれば幸いです。