セダン愛を語るブログ。

セダンこそ至上。

Vol.19 マツダ アテンザ

マツダにセンティアというセダンがありました。

5m近いサイズなのに運転席が最上のセダンでした。

今で言うクーペルックの流麗なスタイルが自慢でした。

 

現行のアテンザが出た時に、少し似た印象を覚えました。

デザインテイストは全く異なりますが、パーソナル感は一緒。

素直に格好よく、お値段以上の価値があるように見えます。

 

実際には長すぎるんですけどね。停まってるときが最良。

急ブレーキでノーズダイブした際には不細工に見えます。

モノとしての凝縮感はなく、冗長感があります。

 

顔の圧力の割に、尻の軽さがあるんですよね。

FFなので仕方ない部分はあるんですが、どうも弱い。

踏ん張り感に欠けるというか、そんな感じです。

 

エンジンは実は2.5のガソリンがオススメです。

ディーゼルはギヤが高すぎてパワーを感じません。

ましてやMTでは回す楽しみがないので苦行となります。

 

サイズが近いクラウンとどっち選ぶかと言えば、どうでしょう。

多分比較対象にはならないと思います。セグメントが違う。

でもカムリやレガシィと比較するかと言えば、また違うかも。

 

アコードHVとはディーゼルを比べてもいいかも知れません。

あとパサートとも比べてもいいです。エコカーとして対決。

そんな不毛な比較に疲れたとき、ガソリンの安さに気付きます。

 

 

結論。2リッターでもいいです。ベースグレードを買いましょう。